破魔弓・羽子板初正月のお祝いに

赤ちゃんが生まれて初めて迎えるお正月を初正月といいます。
その際、男の子には破魔弓を、女の子には羽子板を贈ってお祝いをする風習が残っています。


破魔弓

破魔弓(はまゆみ)

弓には武勇を表し、さらに邪悪をはらい、目には見えない精霊を退散させる力あるものという意味と、人間には知ることのできない方向と距離を判断する占の用具としての意味があります。
江戸時代になると破魔弓は、飾り物・贈り物として盛んとなり、正月の代名詞としての地位を確立しました。その気持はいまもかわらず受け継がれ、男児の初正月には、雄々しく、力強く、健やかに育てとの願いを込めて破魔弓は飾られています。


羽子板

羽子板

羽子板は室町時代から、羽つき用のものと、飾り用のものとに分かれていました。
羽つきを描いた桃山時代の絵によると、羽をつく羽子板は板の上に梅の枝などを描いたり、左義長を描いたものでした。
江戸時代の後期から、これに押し絵を用いて歌舞伎役者の姿を取り付けるようになると、羽子板は一段と華麗さを増し、庶民の人気を集めるようになりました。
現在の正月に羽子板を飾る風習や、女の子の初正月に羽子板を贈る習わしは、昔からの伝承によって諸々の邪気をはね(羽根)のけて健やかに育つようにとの願いが込められています。