五月人形端午の節句-内祝い

江戸時代、武家の家は男子が誕生すると「後継ぎ」ができたことを祝って鎧や兜を飾りました。これは身の安全を願って神社にお参りするときに、鎧や兜を奉納したしきたりに由来しています。
武将にとって、鎧や兜は自分の身を守る大切な道具であり、武士の象徴としての精神的な意味を持つ大切な宝物。
この宝物に願いを託して、男子の誕生を祝うとともに「健やかに育て」「強く立派な男の子になれ」を祈ったのでしょう。


五月人形


  • 鎧飾り

    頭の天辺から爪先まで全身をくまなく守ってくれる飾りです。
    特に長男であれば、守るものが多いことからお節句の飾りとしては鎧がふさわしいとされています。
    大鎧、胴丸鎧など種類も様々。近年は伊達政宗をはじめとした名武将鎧が人気があります。

  • 鎧飾り
  • 兜飾り

    甲冑の象徴である兜を中心とした飾りです。
    鎧と比べて省スペースで収まります。
    組み立ても簡単で収納もコンパクトになります。
    鎧飾りと同様、近年は伊達政宗等の名武将鎧等が人気があります。

  • 兜飾り
  • 大将飾り

    子供が鎧を身にまとい初陣をとっているかざりです。
    鎧や兜と比べ、実に華やかでかわいらしい飾りとなっています。

  • 大将飾り

鯉のぼり

鯉のぼり端午の節句-外祝い

江戸時代、武家では家紋を染め抜いた幟や吹き流しを戸口に立てていました。
これに対抗して町民が、威勢のいい鯉を描いた旗を飾ったのが、そもそものはじまりという説。また、武家が幟の先端につるしていた小さな鯉が起源で、それがやがて独立して大きな鯉になったという説とがあります。
どちらにしても鯉。なぜ鯉かというと、龍門という急流の滝を登りきった鯉は龍となって天へ昇るという中国の故事にちなんでおり、鯉は生命力の強さと「立身出世」を象徴しているのです。


  • 戸建て用

    大きな鯉が庭を泳ぐ姿は圧巻です。立てられる場合は電線や樹木など周りの障害物の他、庭の広さ、庭の上の空間などを検討してお選び下さい。

  • 戸建て用
  • 団地用

    マンションやアパートのベランダに最適です。設置箇所に合わせた各種専用スタンド・金具もご用意しております。

  • 団地用